革フェチMシロの妄想

 

20151225 181950

毎回ストーリーを書いてくる革フェチのシロ

先日は3話でプレイをしたわ♪面白いでしょ^^

1話は動画にしてるのだけど、2話3話も誰かで撮影しようかしら?

***************************

第1話

革のお店を経営するSの女王様霧里社長と、従業員シロのお話

シロは社長に対し、自分の革フェチMは隠していた…ある日、何も知らずに社長の自宅に呼び出されたシロは、社長の招待と思っていると、突然…
「全裸になって、これを着けて待ってなさい!」と奴隷用の全頭マスクと極小のパンツを渡される
「社、社長、これはどういうこと…」
「私の言うことが聞けないの!社長命令よ!
私も着替えて来るから…すぐに分かるわ。」
そう言い残して別室へ…
数分後、全身革のコスチュームで現れた霧里社長は…
「フフフッ、お似合いね。何突っ立てるの、四つん這いにおなり!」
「お前、残業とか何とか言って一人で店に残って何してるの?」
「ただ、商品の整理をしたり…掃除を…」
「お黙り!知ってるのよ私。お前が革の服やブーツに顔を埋めて匂いを嗅いでるの。」
「お前は革フェチのM!」
「・・・」
「図星のようね。今日からは昼はお店で、夜は
ここで私の奴隷として仕えてもらうわ。」
「返事は?」
「ハ、ハイ、霧里社長。」
「違うでしょ!」
「ハイ、霧里女王様!」
「よろしい!今日から早速調教を始めるわよ。まず、ご挨拶から!」

第2話

昼は店で、夜は社長宅で奴隷として調教される革フェチ奴隷のシロは、クリスマス当日、社長から早退を命じられ、部屋の片づけとプレイの準備をしていた。その頃店では他の店員も早めの帰宅を許可され、純社長一人が店に残っていると一本の電話が…電話はお得意様から…昼間、今日のクリスマスパーティー用に試着して購入したレザーワンピースのサイズが間違っているとの苦情。応対したのはシロ。結局、純社長自らが交換の品物を届ける羽目に…
「お帰りなさいませ、純女王様。」無言のまま衣裳部屋に入る女王様。シロは、いつもとは違う女王様の様子にオドオドするばかり…現れたのはレザーコスチュームに黒革のサイブーツ、右手にはハードな房鞭を持つ純女王様。
シロ、オマエは私に何か言うことはないの?」昼間のミスなど知る由もないシロが答えられずにいると…ことの顛末を女王様が説明…
「四つん這いにおなり!」純女王様の鋭い声が…容赦ない鞭が肩、背中、尻に振り下ろされる。泣きながら赦しを請うシロに漸く純女王様の気分も少しおさまり、次はブーツへのご奉仕…
シロ、オマエは私に仕えるしか能のないマゾ豚なんだから、しっかりお舐め!ほら、もっと舌を使って!」容赦ない叱責が飛ぶ…
「よし、仰向けになって次はココ。一年の感謝の気持ちで心を込めてお舐め!」女王様は顔面騎乗で調教しながら、叱責は続く…次に女王様はペニバンを装着すると奴隷の口へ…
「さあ、今度はオマエの穴マ〇〇を犯してやろうねぇ。仰向けのままで脚を高くお上げ!」女王様は奴隷の顔を見下ろすように腰を前後に…
「よし、よく頑張ったわ。フフッ、じゃ、ご褒美ね。さあ、口を大きくお開け!溢すんじゃないよ!」
第3話
クリスマスパーティー用のレザードレスをサイズ違いで売ってしまったシロの失態を、閉店後に純社長が誤りに行ったあのお客様が再び店を訪れ、純社長にお願いがあるとのこと。
話を聞くと、シロを譲ってほしいという話。店の従業員のことと思って丁寧に断ると、従業員としてではなく奴隷の譲渡の話だった。シロはお客様に完全にMであることを見抜かれていた。
純社長はシロがまだ調教不十分な未熟な奴隷であると言うと、自分も初心者なのでその方が好都合だと粘られ、譲渡は出来ないがレンタルならと承諾する。
純女王様は帰宅すると、シロに奴隷の基本から再調教。
ご挨拶、ブーツの履かせ方、舐め方、なっていないと言い房鞭、再びブーツへのご奉仕、ペニバン装着後正常位でアナル責め、上から奴隷の顔を見下ろしながらマゾであることを罵りアナルを犯す
******************************************************************

20151225 175240

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中